借金は男の甲斐性だろ?

カテゴリー "お金のリテラシー" の記事

入るを量りて出ずるを為す

いるをはかりていずるをなす

収入押さえてから支出を計画する』という意味の故事成語です。

現代風に言うと…

ご利用は計画的に。』と言った感じでしょうか?  σ(^_^;)



はるか昔からの鉄則なのですね。先人の知恵に学ばねばと思います。

さてと、能書きは適当に…

我が家の収支も均衡を保たねば、と常々考えていたところに馴染みの保険屋からの電話。

『まーきゅりーさん、久しぶり〜』
『あ、ども』(ったく、何年も客をほったらかしてんじゃねぇ。)←ココロの声

『今度〜新しい商品が出たので見積を送ったんだけど〜、見てくれました〜?』

『ああ、そう言えば。』(保険料メチャ高っけぇ。)

『今月中に切り替えないと保険料が上がっちゃうからね〜。来週中に返事ちょうだいね。じゃ〜』

『あ、はぁ。』(相変わらず押しの強いオバちゃんだ。)

保険とか金融とか、リテラシーのない自分は、これまでは保険屋の言いなりだったのでした。

よし。
この間、年末調整の手続きをしてた時、生命保険を見直したいと思っていたんだ。これぞ、ベストタイミング!


自分の収入にあった(入るを量る)保険を選び月々の保険料を抑えよう!(出ずるを為す)

かなり強引なまとめ方だね…(笑)
大手生保の商品もいいのですが、自分のライフスタイルに合わせたリーズナブルな商品を探そうと思います。






ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

  




続きを読む

スポンサーサイト

一億円で安泰老後?

会社帰りの本屋にて、


日経マネー表紙の文字が目に飛び込んできた。




一億円で安泰老後





現在、この類の話題から最も遠いゾーンにいる俺だけど、やっぱ、将来のことは気になる。





買ってゆっくり読みたいのだが…

何だかお財布が軽い。毎日軽い(泣)





その記事だけを立ち読みしました。

本屋さん、ゴメンね、ゴメンね〜。

借金を返したら絶対買って読むから!





って、どれどれ…





《公的年金や退職金を含めて夫婦で一億円あれば老後はひとまず安泰》





は?





一億円って、俺は死ぬまで働けってことでしょうかね?、日経マネーさん。





自暴自棄になりそうな気持ちをグッと抑え、読み進めました。







《90歳超まで生きる前提の資金計画でも60歳で2800万円あれば大丈夫》





って結論でした。

でも、なんか少しホッとした。





2800万円という金額も今の俺には遥かに遠い目標なんですが、最後まで諦めずに読んでみてよかった。





その先のページには『資金計画』なるものが書かれていたが、この時点で完ぺきな消化不良 (~_~;) 脳みそハングアップ。





少し前向きになれた。





何のためらいもなく『資金計画』を考えられる日が来ることを切に願い、本屋を後にしました。





この時期、2015年開運もの書籍がいっぱい平積みされてた。





なんか、結構気になってる。(笑)










ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。