借金は男の甲斐性だろ?

ドン底への軌跡(社会人編)2

就職し一年が過ぎた。

周りからは飲み会にも付き合わない
仕事人間と思われていた。しかし、それは
ある意味好都合だったのだ。なぜなら、

飲み会に行くお金の余裕などない。
生活のために残業手当が必要だった。

この2点に尽きる。

月々3万、懺悔の支払いは重い。一人暮らしも何かと金が要る。
ひたすら何もせず地道に返済を重ねたが一向に減らない残高に愕然とした。

このままではダメだ。

借金のためだけに働き続ける毎日は辛すぎる。生活レベルを向上させたい!。贅沢したいという思いが行動を支配した。

本屋に行っては『BIG tomorrow』を購読し、借金返済の野望を抱く毎日。

インターネットも普及してない時代なので、最近の副業の定番FX、株、アフィリ、せどり、オークションなど皆無。

初期投資が必要な副業ネタが多かったと記憶している。コインロッカーのオーナーとか。

その中でも俺はワープロがあればできる仕事に注目した。テープレコーダーからの文書起こし。早速、本に書いてある連絡先に電話し仕事を要望した。

俺『BIG tomorrowを見て電話したのですが、テープ起こしの仕事をください。

担当者『・・・募集してませんが。』

俺『・・・』(秒殺)

その後、出版社に抗議の電話をした。

俺『本に書いてあるとおりに電話したが断られた。どういうこと?』

出版社『実際に取材して記事を書いてるのですが。もう一度聞いてみたらどうですか。』(ガチャ)

俺『・・・』(秒殺)

(つづく) 

いつも応援ありがとうございます
皆さんは、ガチャっと切らずに(≧∇≦)
ポチッとお願いします。( ^_^)/~~~
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

  

今ならパソコンとボイスレコーダー(付属の音声認識ソフト)、その気になればスマホだけあればなんて事なし。

この記事を書いてて時代を感じた(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。