借金は男の甲斐性だろ?

ドン底への軌跡4

次なる欲望




お正月番組を見ながら漠然と考えてた。





バイク、冬は寒ぃよなあ〜。(結構、軟弱ライダーです。)



メットでいつも髪型ペッタンコだし〜。

何度か死にかけたし、やっぱバイクは危ないよな〜。





ん〜っ、モヤモヤ…





一休さん風に

ポクポク…ポクポク…ポク……チーン♬

まーきゅりーはスパッと閃いた。





『よし、車を買いに行こう!





おバカな大学生は、何の躊躇もなく、車のディーラーに。

(自分で書いていても嘘っぽいのですが、ノンフィクションです。。)





お正月でした。買う気満々だったのですが、販売員も半信半疑でなんだかヤル気なし。





当時はネットで車を探すなんてことは考えつかない超アナログな時代だった。

んな訳で、自分の足で探し回るしかなかった。




ディーラーの販売員から邪険な扱いを受け早々に退散したが、その後に数社の中古車センターを見て廻った。日も暮れて夕方に差し掛かったころ、一台の白い車が視界に飛び込んできた。





TOYOTA MR2



ミッドシップの2シーター。







おバカな大学生は考えた。

①グレードは1600ccのスーパーチャージャーで走りもGood。

②彼女を乗せてドライブできればオッケー、後部座席いらね!





ん〜!!いいじゃんコレ!

よし!これ買おう。(ノンフィクションです。。)









(つづく)









ランキングに参加しています。応援お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。